レーザテクノロジーで貢献する 株式会社 片岡製作所 KATAOKA KYOTO JAPAN

コンソーシアム設立のお知らせ  ~高度な「透明性」「再現性」「効率性」を具備した次世代ラボの社会実装を目指して~

NEWS RELEASE

令和元年(2019年)5月30日

                               株式会社片岡製作所

コンソーシアム設立のお知らせ

~高度な「透明性」「再現性」「効率性」を具備した次世代ラボの社会実装を目指して~

 

この度、株式会社片岡製作所(所在地:京都市南区、代表取締役社長:片岡宏二)は、iPS ポータル、アース環境サービス株式会社、株式会社NTTデータ、オリンパス株式会社、株式会社島津製作所、大成建設株式会社、株式会社日立産機システムの7社と共同で、次世代ラボ開発のコンソーシアムを設立いたしました。本コンソーシアムは、ライフサイエンス分野における実験操作の正確性/トレーサビリティを評価可能な新規システムおよび新たな環境基準を組み込んだラボの開発を通じて、高度な「透明性」「再現性」「効率性」を具備した次世代ラボの社会実装を目指します。

 

1.名称

COTO LABOコンソーシアム(Communication Tool Oriented/Originated LABOratory)

 

2.目的

高度な「透明性」「再現性」「効率性」を具備した次世代ラボの社会実装に向けた技術開発

 

3.背景と設立意義

ライフサイエンス研究においては、実験の再現性が十分に得られないケースや、実験データの信憑性から技術トランスファーがうまくいかない等の問題が発生することがあり、それが研究の非効率化だけでなく、研究成果自体に対する疑義につながっている面がありました。本コンソーシアムは、ライフサイエンス分野におけるデータ信頼性担保の重要性に賛同する8社が、業界の枠を超えて結集した共同開発体です。各業界を代表する参画企業の高い技術を1つのラボシステムとして統合することで、これまでになかった新たな価値(「透明性」「再現性」「効率性」)を持つ次世代ラボを作り出すことが可能となります。次世代ラボの社会実装は、ライフサイエンスの基礎及び応用分野でのデータ信頼性を高めることを通じて、ヘルスケア産業全体の発展につながることが期待されます。

 

4.開発内容および今後の展望

本コンソーシアムで開発する次世代ラボは、主として基礎/探索研究レベルの実験のデータ統合および管理を目的としたラボです。具体的な開発内容としては、各参画企業が共同で、実験操作の正確性/トレーサビリティを評価可能な新規システムの開発、本システムおよび新たな環境基準を組み込んだモデルラボの構築に取り組んでいます。今後は、モデルラボの設置および想定顧客によるモデルラボの価値検証を実施することで、次世代ラボの社会実装に向けた準備を進めていきます。

なお、次世代ラボの開発は、株式会社iPSポータルの顧問である大阪大学大学院工学研究科の紀ノ岡正博教授のアドバイスを受けながら進めております。

 

5.参画企業(50音順)

・株式会社iPSポータル(事務局)

・アース環境サービス株式会社

・株式会社NTTデータ

・オリンパス株式会社

・株式会社片岡製作所

・株式会社島津製作所

・大成建設株式会社

・株式会社日立産機システム

 

6.  本コンソーシアムに関するお問い合わせ先

〒602-0841 京都市上京区河原町通今出川下ル梶井町 448-5 クリエイション・コア京都御車

株式会社iPS ポータル 経営戦略部         Tel:075-256-8567  Fax:075-256-8646

 

以上